帯広電信通り商店街振興組合

廃食用油回収事業

●廃食用油の回収ボックス設置

 平成20年6月16日に廃食用油の回収ボックスを商店街内に5か所(花芳、帯広信用金庫電信通り支店、肉のなかつか、十勝信用組合北支店、丸屋仏壇店)設置し、回収事業を開始しました。
 廃食用油回収の際には、ペットボトル500ml 1本につきスタンプを1個押し、25個集まると商店街組合員の店で使える商品券(100円相当)と交換しています。
 回収した廃食用油は、隔週水曜日にリサイクル業者(株式会社エコERC)に引き渡し、BDF(バイオディーゼル燃料)に精製後はバス事業者に燃料として販売してもらい、環境負荷軽減に向けた取り組みに利用していただいています。
 また、商店街の近隣にある建設業 川田工業株式会社も、当商店街の導入に合わせて協力して廃食用油回収ボックスを設置し、回収事業に加わっています。

回収ボックス設置状況


信金電信通店
>
花芳                  信組北支店
>
   丸屋仏壇店                  中塚肉店